日テレNEWS
政治
2018年12月7日 0:59

入管法改正案めぐる与野党攻防 最終局面に

入管法改正案めぐる与野党攻防 最終局面に
(c)NNN

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案について、与党側は6日の委員会の審議終了後に採決することを提案した。

野党の立憲民主党などは「採決は拙速だ」などと反対したが、それでも与党側が採決に踏み切ろうとしたため、参議院法務委員長の解任決議案を提出した。これにより採決は7日に先送りとなった。

自民党・福岡資麿議員「審議は、私たちは尽くされたと思っています」

立憲民主党・有田芳生議員「冗談じゃないですよ。議論すればするほど多くの問題が出てくる」

委員長の解任決議案は7日の参議院本会議で否決される見通しだが、野党側は山下法相に対する問責決議案の提出なども検討しており、与野党の攻防は最終局面を迎える。