日テレNEWS
政治
2019年1月17日 21:43

不適切勤労統計問題 野党が厚労省側を追及

不適切勤労統計問題 野党が厚労省側を追及
(c)NNN

厚生労働省が国の賃金や労働時間に関する調査を不適切な方法で行っていた問題で、野党は、正しいデータに基づけば、実質賃金の上昇率はもっと低かったのではないかと厚労省を追及した。

国民民主党・山井議員「問題が起こって再集計したら、昨年の1月から11月までの実質賃金はプラスのままなんですか。マイナスになるんですか。どっちですか」

厚労省担当者「再集計値より計算をして、その結果を見てみる必要がある」

国民民主党・原口議員「アベノミクスのね、成果で、実質賃金は上がったんですと。民主党政権なんかよりよっぽどいいんですと豪語してたじゃないですか。これ、もしかしたら、実質賃金はマイナスだったと。伸び率はマイナスだった可能性だってあるんじゃないんですか」

厚労省側は「実質賃金の伸び幅が小さくなることは予想される」と述べつつも、「改めて計算をして結果を見る必要がある」と説明するにとどめた。

野党は他の経済指標にも影響があるかどうか厳しく追及する方針。