日テレNEWS
政治
2020年5月15日 21:46

検察官の定年延長 採決は来週に先送り

検察官の定年延長 採決は来週に先送り
(c)NNN

検察官の定年延長を可能にする検察庁法改正案をめぐり、野党側が武田国家公務員制度担当大臣に対する不信任決議案を提出し、与党側が目指していた15日の委員会での採決は来週に先送りにされました。

衆議院の内閣委員会では15日の質疑終了後、与党側が、検察庁法改正案について、採決を提案しました。これに立憲民主党など野党は反発し、武田大臣に対する不信任決議案を提出しました。与党内にも慎重な意見があり、著名人からも抗議の声が上がっていることなどから、徹底抗戦の姿勢を示した形です。

立憲民主党・安住国対委員長「これは世論を、やっぱり総理も自民党も公明党も、もう1回立ち止まって考えてくださいという私どもなりのメッセージです」

与党側は、野党側が求めていた森法務大臣の出席に応じたことなどから武田大臣への不信任案は「暴挙だ」などと批判しています。

与党側は19日の衆議院本会議で武田大臣の不信任決議案を否決した上で、20日に委員会で改正案を採決し、来週中の衆議院通過を目指す方針です。