日テレNEWS
政治
2021年5月20日 14:01

LGBT法案了承見送り 自民内で慎重意見

LGBT法案了承見送り 自民内で慎重意見
(c)NNN

自民党がLGBTなど、性的マイノリティーの人たちへの理解を促進するための法案を審査しましたが、出席者から慎重意見が相次ぎ、了承は見送られました。

自民党・稲田特命委員長「日本がちゃんと多様性を認める、そして寛容な社会を作っていく。それができるのは保守政党である我が自民党だけですから」

法案は、LGBTなど性的マイノリティーの人たちへの理解を促進するため、環境を整備することなどを目的としています。

自民党は今の国会での成立を目指していますが、これまでの立憲民主党などとの修正協議で法案に「差別は許されない」との文言が加わったことから20日、審査が行われました。

出席者からは、「女性の競技に男性の身体で参加して混乱を生じたケースもあった」などと慎重意見が相次ぎ、法案の了承は見送られました。来週、あらためて審査される予定です。