×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 「自衛隊施設でミャンマー軍関係者10人を訓練中」政府が答弁書を閣議決定

「自衛隊施設でミャンマー軍関係者10人を訓練中」政府が答弁書を閣議決定

2022年12月6日 11:14
「自衛隊施設でミャンマー軍関係者10人を訓練中」政府が答弁書を閣議決定

政府は6日の閣議で去年、軍事クーデターが起きたミャンマーの軍関係者を自衛隊が現在も訓練生として受け入れているとする答弁書を閣議決定しました。

政府が6日閣議決定した答弁書によると、防衛省は、今年の11月30日時点で、ミャンマーから、防衛大学に士官候補生8人を受け入れ、およそ5年間の訓練を行っているということです。

また、同じく防衛大学で、陸軍中尉1人におよそ2年間の訓練を行っているほか、航空自衛隊の幹部候補生学校でも、空軍中尉1人を受け入れ、約9か月間の教育訓練を行っているということです。

ミャンマーでは去年、軍事政権によるクーデターが起きており、軍の関係者を自衛隊が受け入れていることについては、野党などから批判があがっています。