日テレNEWS
政治
2021年8月30日 12:47

下村政調会長“自民党総裁選”立候補を断念

下村政調会長“自民党総裁選”立候補を断念
(c)NNN

自民党の総裁選への立候補に意欲を示している下村政調会長が、立候補を断念したことが分かりました。

菅総理大臣は30日朝に下村政調会長と会談し、新型コロナウイルス対策のための新たな経済対策をめぐり、総裁選に立候補するならば政調会長として任せる考えはないことを伝え、立候補するなら政調会長を辞任するか決断を迫りました。

自民党幹部によりますと、下村氏は、自らが所属する派閥の幹部に「経済対策を政調会長としてしっかりやれと総理から言われた。経済対策をしっかりやりたい」として、総裁選への立候補を断念する考えを伝えたということです。

また、別の幹部によりますと、下村氏は、安倍前総理と会談し立候補を断念する考えを伝えました。