日テレNEWS
社会
2016年4月22日 18:57

「ミドリガメ」全国で推定800万匹生息

 外国原産のカメが国内で繁殖し増え続けている問題で、環境省は、「ミドリガメ」が全国で推定800万匹生息しているとする調査結果を発表した。

 環境省によるとアカミミガメは「ミドリガメ」の通称で、ペットとして人気があり、1990年代半ばには、年間およそ100万匹が輸入されていた。

 ここ数年は輸入量が年間およそ10万匹と減少傾向にあるが、ペットとして飼いきれずに捨てられたアカミミガメが繁殖し、日本在来のカメを駆逐して生態系を変えたり、レンコンなどの農作物にも被害が出て問題になっている。

 こうした中、環境省は、民間の大学などと共同で調査を行い、北海道と南西諸島を除く全国で屋外に生息しているアカミミガメは推定でおよそ800万匹いるとする結果をまとめた。この数は、元々日本で生息しているイシガメの8倍で、水草のみを食べたと仮定すると毎週およそ320トンが消失していることになるという。

 環境省は、今後、海外からの輸入の規制を検討するとともに駆除などを進めていく方針。また、飼っているカメは捨てないように呼びかけている。