×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 処理水放出のために必要な設備検査 終了証を東電に交付 原子力規制委

処理水放出のために必要な設備検査 終了証を東電に交付 原子力規制委

2023年7月7日 16:23

福島第一原発にたまる処理水を海洋放出するのに必要な設備の検査が全て終わり、終了証が交付されました。

原子力規制委員会は7日、放射性物質の測定や海水での希釈など処理水を海に放出するために必要となる設備の検査が全て終了したとする終了証を東京電力に交付しました。

これで海洋放出に必要な法的な手続きは全て終了したことになります。

東京電力ALPS処理水対策責任者 松本純一執行役員
「終了証を頂いて終わりではなく、メンテナンスをしっかりしたり、運転員の操作訓練、異常時の対応訓練、海域モニタリング(海中の放射性物質測定)の強化、しっかり続けていくことが必要と思っています」

規制委による検査終了を受けて政府は”夏ごろ”としている処理水の放出開始時期を最終判断する方針です。