日テレNEWS
社会
2020年12月2日 11:59

コロナ感染防ぐ「中和抗体」半年後も体内に

コロナ感染防ぐ「中和抗体」半年後も体内に
(c)NNN

横浜市立大学は、新型コロナウイルスに感染した人の半年後の血液を調べた結果、感染を防ぐ役割を果たす、いわゆる中和抗体が残っている人が、およそ98%にのぼると発表しました。少なくとも半年は、再感染のリスクが低下するとしています。

これは、横浜市立大学の山中竹春教授らが、PCR検査で陽性が確認された376人について、陽性確認から半年後に中和抗体があるかどうかなどを調べたものです。

横浜市立大学・山中竹春教授「(感染確認から)6か月時の中和抗体保有率は、全体376人の方のうち98%の方が中和抗体を保有していました」

発表によりますと、抗体の中でも、ウイルスを攻撃し感染を防ぐ役割を果たす、いわゆる中和抗体が残っている人は、およそ98%でした。また、軽症、無症状の人は97%、中等症や重症の人は100%、中和抗体が残っていたということです。

研究グループ代表の山中教授は、「今回の結果はワクチン開発にも一定の期待を持たせるものだ」としています。