日テレNEWS
社会
2020年12月13日 12:42

滋賀で鳥インフルエンザ 1万1千羽殺処分

滋賀で鳥インフルエンザ 1万1千羽殺処分
(c)NNN

滋賀県東近江市の養鶏場のニワトリから、鳥インフルエンザウイルスが検出され県は、13日朝からおよそ1万1000羽の殺処分を行っています。滋賀県で感染が確認されたのは、初めてです。

滋賀県によりますと12日、養鶏場で死んでいたニワトリ11羽を含む13羽を検査したところ「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。県は、13日朝からこの養鶏場のニワトリおよそ1万1000羽の殺処分を進めるとともに、半径10キロ以内をニワトリや卵の出荷を禁止する区域に指定しました。

滋賀・三日月大造知事「卵や肉を食べることで、鳥インフルエンザに人が感染するという事例は報告されていないので、ご理解の上、ご対応いただきますように」

関西では11月以降、鳥インフルエンザの発生が相次いでいて、兵庫県・奈良県・和歌山県に次いで、4県目です。