日テレNEWS
社会
2021年1月26日 10:26

駿河湾の巨大深海魚は…「ヨコヅナイワシ」

駿河湾の巨大深海魚は…「ヨコヅナイワシ」
(c)NNN

2016年に静岡県の駿河湾で見つかった体長1メートルを超える深海魚が新種であることがわかり、「ヨコヅナイワシ」と名付けられました。

海洋研究開発機構らのグループは、2016年、駿河湾の水深2171メートル~2572メートル付近で、これまで知られていない大型の深海魚4匹を捕獲しました。これらの遺伝子解析などを行ったところ、セキトリイワシ科の新種であることがわかったということです。

4匹はいずれも体長が1メートルを超えていて、最も大きいものは1メートル38センチ、重さが24.9キログラムあり、セキトリイワシ科の中では最も大きいことから「ヨコヅナイワシ」と名付けられました。

「ヨコヅナイワシ」は、非常に栄養状態がいいことなどから、研究チームは駿河湾の深海で生態系の頂点に立つ「トップ・プレデター(捕食者)」だとみています。