日テレNEWS
スポーツ
2022年5月11日 21:00

「松本剛イチロー説」 日本ハム・松本が猛打賞で打率.376に上昇!

「松本剛イチロー説」 日本ハム・松本が猛打賞で打率.376に上昇!
猛打賞の活躍を見せた日本ハム・松本剛選手

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム-オリックス(11日、札幌ドーム)

打率リーグトップ(3割5分8厘)の松本剛選手が、6回までに3打数3安打、猛打賞の活躍を見せました。

1番の松本選手は初回、オリックスの先発・ワゲスパック投手から、145キロのツーシームをセンターへはじき返し、出塁。日本ハムの先制点を演出しました。

4回も、同じくワゲスパック投手のツーシームをレフトへ。

6回にはオリックスの2番手・張奕投手のナックルカーブをバットの先に当てると、ライト前へぽとり。これで打率は.376に上昇しました。

さらに、この試合すでに2つの盗塁も決めている松本選手。その活躍にファンは「松本剛まじで最強」「間違いなくファイターズの光」「イチロー、引退したあとは松本剛に転生したらしい」「松本剛イチロー説」と、SNSで大絶賛しています。