×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【W杯】「一夜たっても悔しい」クロアチア戦先発出場のMF守田英正が吐露 4年後へ「個人のスキルを上げることがチームへの貢献」

【W杯】「一夜たっても悔しい」クロアチア戦先発出場のMF守田英正が吐露 4年後へ「個人のスキルを上げることがチームへの貢献」

2022年12月6日 18:15
【W杯】「一夜たっても悔しい」クロアチア戦先発出場のMF守田英正が吐露 4年後へ「個人のスキルを上げることがチームへの貢献」
クロアチア・モドリッチ選手(左)と競り合う守田英正選手(右)写真:Agencia EFE/アフロ
◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022(11月20日~12月18日)

初のベスト8進出をかけたクロアチアとの決勝トーナメントに、PK戦の末敗れた日本代表。激闘から一夜明けた6日、現地カタールで取材に応じました。

守田英正選手は「一夜たっても悔しい」とその胸中を語る一方、4年後へ「個人のスキルを上げることがチームへの貢献につながる」とコメントしました。


◇以下、守田英正選手一問一答

――クロアチア戦終えて?

「一夜たっても悔しい」

――どんな大会だった?

「非常に課題に残った大会になりました。僕自身初めての選手も多かった中でベスト8の壁を破れなかったのは今後の課題につながりましたし、中々高い壁になりますけどまた4年後に向けて頑張りたい」

――振り返ってみて印象に残っているシーンは?

「ドイツ、スペインという相手に対して勝ちきった瞬間というのは振り返ってみてもすごいうれしかったですし、チームが1つになって勝利をもぎ取った瞬間というのはうれしかったです」

――ここからまた4年間の挑戦が始まるが?

「今回コロナとかいろいろあって準備期間もなかった中でぶっつけ本番のような形だったんですけど、それでより個人のパフォーマンスだったり、コンディション整えることがチームのワールドカップへの準備になっていた。それが次どうなるか分からないですけど、個人のスキルをあげることがチームの貢献につながると思いますし、また4年間自分を磨いてワールドカップに戻った時にチームを勝たせられる存在になりたいです」

――今回のメンバーについては?

「本当に頼もしかったですし、ベテランの方々から若手までワンチームだったなって。結果は残念でしたけど、試合を重ねるにつれて本当にいいチームになっていったと感じてますし、監督やスタッフを含めて本当によかった」

――ご自身で一番課題に感じた部分は?

「そうですね。これっていうところは分かってなくて細かい部分全てなのかなと思います」