×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「いろいろ神すぎ」近本光司が守って走って大活躍 背面キャッチに17試合連続出塁で先制に貢献

「いろいろ神すぎ」近本光司が守って走って大活躍 背面キャッチに17試合連続出塁で先制に貢献

2023年8月12日 18:59
「いろいろ神すぎ」近本光司が守って走って大活躍 背面キャッチに17試合連続出塁で先制に貢献
阪神・近本光司選手
プロ野球セ・リーグ 阪神-ヤクルト(12日、京セラドーム)

阪神は初回から1番・センターの近本光司選手が攻守で活躍を見せています。

まずは初回の守備。ヤクルトの武岡龍世選手が打ったセンターへの打球を追っていくと、走りながら追いついて背面キャッチ。先発の青柳晃洋投手もマウンドで拍手を送り、この守備をたたえます。

さらにその裏、2球で追い込まれますが、冷静にボールを見極めると、7球目でフォアボールを選び17試合連続出塁をマーク。

すると続く中野拓夢選手の打席、初球からリーグトップ独走となる19個目の盗塁を決め、チャンスを演出します。

その後、3塁まで進塁すると、4番・大山悠輔選手のショートゴロの間にホームへ生還し、持ち味の足で先制点をもぎ取りました。

走攻守にわたる近本選手の活躍にファンは「今年の阪神のMVPは近本だろ」「近本でもぎ取った1点」「近本いろいろ神すぎ」などのコメントを寄せています。