×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「今はミスをしてもいい時期」巨人・門脇誠 逆シングルを猛練習 目指すは“坂本さんのような柔らかさ”

「今はミスをしてもいい時期」巨人・門脇誠 逆シングルを猛練習 目指すは“坂本さんのような柔らかさ”

2023年11月5日 8:02
「今はミスをしてもいい時期」巨人・門脇誠 逆シングルを猛練習 目指すは“坂本さんのような柔らかさ”
逆シングルの練習を行う門脇誠選手
プロ野球巨人門脇誠選手は今季ドラフト4位で入団したルーキー。長年巨人のショートを務めた坂本勇人選手の後をシーズン途中で引き継ぎました。また、来季はショートとしてレギュラーを明言されています。

この秋季キャンプは侍ジャパンに招集されているため、5日までの参加。守備練習に重きを置いていて、課題とあげる“逆シングル”に磨きをかけるべく、川相昌弘コーチの指導の下、汗を流しています。

このキャンプではレギュラーシーズンとは違い、何度も捕球ミスする姿がありますが、これは門脇選手にとっては想定内。「試合はアウトを取らないといけなかった。練習でミスはしていますけど、今はミスをしてもいい時期」ときっぱり。

実はこの逆シングルについては、ジャイアンツ球場で行われた秋季練習の最終日に阿部慎之助監督からアドバイスをもらう姿がありました。下からグラブを出し、弧を描くように捕球するもので、名手と言われる坂本勇人選手のように柔らかく、というアドバイスだったそうです。

「坂本さんみたいに包み込む感じ(とアドバイスをもらった)。イレギュラーしても対応しやすい」と明かした門脇選手。「入り方は引き出しは増やしている。形も何個も持っておけば(いろんな状況で)使える」と続けました。

今季は守備で、チームを救うスーパープレーを何度も見せたにもかかわらず、「(自分には課題が)まだまだあります」と常に向上心を持って野球に臨んでいる門脇選手は、6日に赤星優志投手、秋広優人選手とともに侍ジャパンの合宿に合流します。

「侍に行ったら、井端(弘和)監督に守備の話を聞きたいですね。あとは小園(海斗)とかみんなで話したいです」