×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ジャイアンツカップ】決勝の取手―京葉 取手が初優勝 京葉もさすがの追い上げ見せる

【ジャイアンツカップ】決勝の取手―京葉 取手が初優勝 京葉もさすがの追い上げ見せる

2022年8月20日 21:28
【ジャイアンツカップ】決勝の取手―京葉 取手が初優勝 京葉もさすがの追い上げ見せる
取手が初優勝を決める(白のユニホーム)京葉は準優勝
◇全日本中学野球選手権ジャイアンツカップ2022決勝(20日、東京ドーム)取手リトルシニア(茨城)5ー3京葉ボーイズ(千葉)

3年ぶりに行われた中学生の“夏の甲子園”とも言われるジャイアンツカップ決勝戦。制したのは取手でした。

取手の先発は藤田一波投手。初回、1アウトから連続フォアボールでランナーが出ると、2アウト2塁3塁で5番の井上心大選手が、ピッチャーへのゴロを放ちます。これを取手の藤田投手が処理に手間取り、3塁ランナーが生還。1塁に送球もセーフで、京葉が1点を先制しました。

そのウラ、京葉の先発、田中俐希投手相手に取手のエース、坂本慎太郎選手が内野安打で出塁します。その後2アウト1塁2塁で土田悠翔選手がライトの方向にゴロを放ちます。これをセカンドが横っ飛びで捕球に行くもグラブでボールを弾いてしまいます。ボールが転々とするうちに2人がかえり、スコアは1-2となりました。

さらに、取手は2回、坂本選手のタイムリーなどで2点を加えます。4回にも取手は1アウト満塁のチャンスを作りますが、タッチアップの1点のみにとどまります。これでスコアは1-5となりました。

京葉は取手の2番手、朝来友翔投手の前に無得点。6回からは球数制限ルールのため、この日は40球しか投げることができない、エースの坂本慎太郎選手が投手としてマウンドに上がります。その坂本投手から京葉の関瑛太投手が2点タイムリーを放ち、2点差に追い上げますが、反撃もここまで。

最後7回、取手の坂本投手は先頭バッターをサードファウルフライに打ち取ると、続く打者をセカンドゴロに。このとき球数は39球。ここで取手の石崎学監督がマウンドへ。しかし、交代ではなく、坂本投手は続投します。(打席の途中で制限数が来た場合は、当該打者の打席終了までは投球を認められます)

京葉の打席には矢口隼大選手が入ります。ここはライトフライに打ち取り、ゲームセット。

取手が5-3で勝利し、初優勝を飾りました。