×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「残酷だけど、これがスポーツ」箱根駅伝予選会で東京国際大が“3秒差”で本選出場を逃す

「残酷だけど、これがスポーツ」箱根駅伝予選会で東京国際大が“3秒差”で本選出場を逃す

2023年10月14日 12:30
「残酷だけど、これがスポーツ」箱根駅伝予選会で東京国際大が“3秒差”で本選出場を逃す
箱根駅伝本選のラインはわずか3秒差
◇第100回箱根駅伝 予選会(14日、陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園)

第100回箱根駅伝本選出場をかけた予選会が行われ、東京国際大学が14位で本選出場を逃し、SNSで大きな話題となっています。

節目の記念大会となり、史上最多57校がエントリー。各校上位10人の合計タイムで争い、上位13校が本選への出場権を得る戦いの結末は驚きの結果となりました。

ラスト一枠・13位で山梨学院大学(10時間39分47秒)の名前が呼ばれ、本選出場圏外となる14位で東京国際大学(10時間39分50秒)が呼ばれました。その差はわずか“3秒”、8年連続となる本選出場の夢を叶えることはできず、選手たちは泣き崩れました。

この3秒差の結末にX(旧Twitter)では、「東京国際」がトレンド入り。「わずか3秒差で天国と地獄」、「厳しい勝負の世界」、「残酷だけど、これがスポーツ」など多くの声が上がっています。