×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ワリエワSP82.16点で首位 SNSでは「ドーピングなかったら純粋に、感動の演技」などの声

ワリエワSP82.16点で首位 SNSでは「ドーピングなかったら純粋に、感動の演技」などの声

2022年2月15日 23:27
ワリエワSP82.16点で首位 SNSでは「ドーピングなかったら純粋に、感動の演技」などの声
SPで圧倒的な演技を見せたワリエワ選手(写真:AFP/アフロ)

北京五輪フィギュアスケート女子シングルに出場したカミラ・ワリエワ選手(15)はショートプログラムで26番目に滑走しました。

曲は「イン・メモリアム」。

冒頭の3アクセルは着氷で乱れましたが、その後、3フリップで持ち直すと、後半も質の高いスピンや3ルッツ+3トウループのコンビネーションに成功。最後はこみ上げる気持ちを抑えられないような表情を見せました。

その姿に客席から平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワさんや銀メダルのエフゲニア・メドベージェワさんが拍手を送りました。

そのワリエワ選手の点数は82.16点。SP首位に立ちましたが、平昌五輪でアリーナ・ザギトワさんが出した82.92点には少し届かず、本人に笑顔はありませんでした。

SNS上では日本のファンから「この状況でとっても素敵なパフォーマンスだった」、「ドーピングなかったら純粋に、感動の演技なのになぁ」や「ワリエワからしたら82点は低いよね」など様々な意見が寄せられました。

女子のフリーは17日に開催されます。