×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 羽生結弦 4回転アクセル転倒も“初認定”「もうちょっとだったけどあれが僕の全て」

羽生結弦 4回転アクセル転倒も“初認定”「もうちょっとだったけどあれが僕の全て」

2022年2月10日 18:29
羽生結弦 4回転アクセル転倒も“初認定”「もうちょっとだったけどあれが僕の全て」
演技終了後に笑顔を見せる羽生結弦選手 (写真:PAImages/アフロ)

北京五輪・大会7日目(2月10日)フィギュアスケート男子シングル・フリー

ショートプログラム8位スタートの羽生結弦選手(27)は、フリーで188.06点を記録。合計283.21点で、惜しくもメダルには届きませんでしたが、順位を4位に上げました。

最高難度の大技4回転半ジャンプの「4回転アクセル(4A)」は転倒。しかし、採点表上は“回転不足”の判定で減点となり、国際スケート連盟(ISU)の公認大会では初めて「4A」が認定されたことになります。

4A直後の4回転サルコウも転倒してしまったものの、残りのジャンプは全て完璧に決めて見せた羽生選手。

演技終了時の羽生選手は、「全力をだせた」というような笑顔を氷上で見せていました。

◇以下、羽生選手の試合直後のインタビュー。

――挑戦をつらぬいた五輪、今どんな思いですか?

「正直、全部出し切ったっていうのが正直な気持ちです。明らかに前の大会よりもいい(4回転)アクセル跳んでましたし。もうちょっとだったなとかって思う気持ちももちろんあるんですけど、あれが僕の全てかなって。それと、もちろんミスをしないっていうのは大切なことだと思いますし、そうしないと勝てないっていうのもわかるんですけど、でもある意味、あの前半二つのミスがあってこそ、この『天と地と』っていう物語がある意味できあがってたのかなって気もします」

――たくさんの人が勇気をもらった演技だったと思います。ご自身の挑戦を振り返っていかがですか?

「もう、一生懸命頑張りました。正直、これ以上ないくらい頑張ったと思います。まあ、報われない努力だったかもしれないですけど。でも、確かにショートからうまくいかないこともいっぱいありましたけど、むしろうまくいかなかったことしかないですけど、今回。でも、一生懸命頑張りました」