日テレNEWS
スポーツ
2022年7月17日 21:09

ヤクルト“前進守備”が裏目に出て2ケタ失点 宮台は回またぎで一挙5失点

ヤクルト“前進守備”が裏目に出て2ケタ失点 宮台は回またぎで一挙5失点
前進守備が裏目に出たヤクルト

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-ヤクルト(17日、横浜スタジアム)

ヤクルトが6回に守備が裏目に出て5点を失いました。

5回から2番手として登板した宮台康平投手ですが、6回にワイルドピッチで1点を失うと、その後1アウト満塁のピンチを招き、外野は前進守備に。

しかし桑原将志選手にライトの頭上を越える、2点タイムリーツーベースを打たれます。

続く1アウト2、3塁のピンチでは宮台投手に代わった杉山晃基投手が3番手としてマウンドへ。これ以上の失点を防ぐためヤクルトは再び内野を前進守備にします。

しかし佐野恵太選手にセカンドの横を通るタイムリーを打たれ、このイニング5失点。

守備が裏目に出てDeNAに2ケタ得点を許し、リードを8点に広げられています。