日テレNEWS
スポーツ
2020年11月18日 22:41

バドミントン・桃田賢斗選手 ギネス認定

バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗選手(26)が、2019年にあげた国際大会11勝が「男子シングルス年間最多勝利数」としてギネス世界記録に認定されました。

桃田選手は2019年3月、ワールドツアーの中で最も格式が高く、100年以上の歴史を誇る全英オープンで初優勝を遂げ、8月の世界選手権では2連覇を達成。12月のツアー年間王者決定戦のワールドツアーファイナルを制すなど、2019年3月から12月の間で歴代最多となる11度の優勝を果たしました。さらに同年、世界連盟の男子最優秀選手にも選出されていました。

ギネス世界記録を受けて、「まさか自分が受賞できると思っていなかったですし、周りの方々のサポートのおかげだと思っているので、引き続き感謝の気持ちを忘れずにプレーをしていけたらいいと思います。世界一になることは簡単なことではないと思いますし、努力をしたからといって絶対になれるものでもないと思いますし、でも本当に楽しむ気持ち、あきらめない気持ちが大切。自分もまだまだ未熟ものなので偉そうなことは言えないですけど、もっとお手本になれる選手を目指していきたいと思います」とコメントしました。

桃田選手は12月22日から始まる全日本総合選手権で今年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭って以来、11カ月ぶりに実戦復帰する予定です。

(C)Guinness World Records Ltd.