日テレNEWS
スポーツ
2021年2月3日 23:11

巨人・石川外野手が捕手練習「危機管理」

巨人・石川外野手が捕手練習「危機管理」
(c)NNN

3日、巨人の宮崎キャンプで石川慎吾外野手(27)が、キャッチャーとしてブルペン入り。原辰徳監督(62)と話し、キャッチャーの準備をしていることを明かしました。

宮崎キャンプ3日目のこの日。投手陣が投げ込みを行っている中、ブルペンに現れたのは、キャッチャー防具を着けた石川選手。キャッチャーとして、戸郷選手と大江選手の球を10球ずつ受けました。

キャンプ初日に原監督と、「危機管理という意味で準備をする期間を設けるから」と、話をしたという石川選手。高校時代は強肩キャッチャーとして活躍していましたが、プロでのキャッチャーとしての出場経験はなし。

約2年ぶりのキャッチャー練習を終え、石川選手は、「難しいですやっぱり。キャッチャーで出たいという訳ではなく、何かあったときの準備なので、最低限捕れるようになりたい」と話しました。

それでも、石川選手相手に投げた戸郷選手は、「思ったより上手くてビックリしました。ありですね」と話し、これには石川選手も「ありがたいですね」と笑顔で話しました。

去年は、内野手の増田大輝選手(27)をピッチャーとしても起用した原監督。リーグ3連覇へ、今年も万全の準備を整えます。