日テレNEWS
スポーツ
2022年6月29日 20:30

ヤクルト先発原樹理 毎回走者を背負うもバックに助けられ6回無失点で勝ち投手の権利を持って降板

ヤクルト先発原樹理 毎回走者を背負うもバックに助けられ6回無失点で勝ち投手の権利を持って降板
ヤクルト・原樹理投手(左)を援護した長岡秀樹選手(右)

◇プロ野球セ・リーグ 広島-ヤクルト(29日、マツダスタジアム)

ヤクルト先発・原樹理投手が粘りの投球を続けています。

毎回ランナーを背負いながらも5回まで無失点に抑えてきたヤクルトの先発・原投手。

6回も2アウトから、連打で二人の走者を背負いピンチを迎えます。

ここで打席には広島の4番・マクブルーム選手。1ボール2ストライクからの4球目、低めの変化球を捉えられ、三遊間への痛烈なライナーとなります。

しかしこの打球をショートの長岡秀樹選手がダイビングキャッチ。ファインプレーに助けられ得点を許しませんでした。

原投手は6回で降板。92球、被安打7、無失点で勝ち投手の権利を得たまま、後続の投手にマウンドを譲りました。