×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【クラーク国際】2回戦敗退もファン感動 「いい試合と素敵な演奏を見させてもらいました」

【クラーク国際】2回戦敗退もファン感動 「いい試合と素敵な演奏を見させてもらいました」

2023年8月14日 6:00
【クラーク国際】2回戦敗退もファン感動 「いい試合と素敵な演奏を見させてもらいました」
クラーク国際(3月25日撮影、写真:日刊スポーツ/アフロ)
◇第105回 全国高校野球選手権記念大会 第8日目 2回戦 花巻東2-1クラーク国際(13日、甲子園球場)

惜しくも3回戦に進出できなかったクラーク国際(北北海道)ですが、SNSで感動のコメントが寄せられています。

1-1で迎えた8回、1アウト1、2塁と勝ち越しのチャンスの場面。吉田暁登選手が(3年)フルカウントまで粘りますが、雨が強くなり、試合が中断します。

あまりの豪雨に、スタンドの屋根が着いている所へ避難するファンもいましたが、そんな中で応援団はノリノリで演奏を始め、ファンを楽しませました。

そして中断が終わると、まるで試合開始のファンファーレのような演奏を行い、球場に詰めかけたファンから大きな拍手が送られました。。

中断から1時間34分後の午後5時35分に試合は再開。中断した時と同じ場面で始まると、吉田選手選手は四球を選び、1アウト満塁のピンチを作ります。

しかし、続く打者が外野フライに打ち取られ、勝ち越すことができず。すると8回裏、ピンチを抑えて流れ引き寄せた花巻東(岩手)に勝ち越しを許し、惜しくも3回戦進出とはなりませんでした。

雨天中断後の攻撃が明暗を分ける形となりましたが、SNSでは「試合は負けてしまったけど、いい試合と素敵(すてき)な演奏を見させてもらいました」「どっちが勝っても納得できるレベルの戦いだった」「絶対に一生忘れられない思い出になる素敵な時間を甲子園で過ごせました」など、感動のコメントが寄せられていました。