日テレNEWS
スポーツ
2021年10月25日 15:10

山口茜 1年9か月ぶりの国際大会V

山口茜 1年9か月ぶりの国際大会V

◆バドミントン・デンマークオープン 女子シングルス決勝(現地24日、デンマーク・オーデンセ)

東京五輪後初となる個人戦で、世界ランキング5位の山口茜選手がリベンジを果たし、優勝を飾りました。

決勝は、世界ランキング8位のアン セヨン選手(韓国)と対戦。過去の対戦成績では山口選手が2勝3敗と負け越しており、15日に行われたユーバー杯の試合ではストレート負けを喫していました。

リベンジに挑む山口選手は第1ゲーム、互角の戦いを繰り広げるも終盤に突き放され、18-21で落とします。

後がなくなった第2ゲームも両者互いに譲らず。1点を争う展開が続きますが、山口選手は先にマッチポイントを握られます。それでもここから驚異の粘りを発揮。立て続けにスマッシュを決めるなどこのピンチを脱すると、最後はラリー戦から相手のミスを誘い、連続ポイント。25-23で制し、ゲームカウント1-1に追いつきました。

そして迎えた最終・第3ゲームは山口選手が8連続ポイントを挙げ、序盤から圧倒。その後、16-5とリードした場面で相手が棄権したため、ゲームカウント2-1で逆転勝利。2020年1月のタイ・マスターズ以来、約1年9か月ぶりに国際大会で優勝を果たしました。

写真:AFP/アフロ