日テレNEWS
スポーツ
2021年11月12日 22:59

自身初の日本S!ヤクルト青木「ドキドキ」

自身初の日本S!ヤクルト青木「ドキドキ」
(c)NNN

◇セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 ヤクルト2―2巨人(12日)

セ・リーグ制覇のヤクルトがCSファイナルステージを勝ち上がり、日本シリーズ進出を決めました。

逆転の2点タイムリーを放ったチーム野手最年長の青木宣親選手(39)が試合後、取材に応じました。

以下、青木選手のコメント

――見事な決勝タイムリーだったが振り返って?

あそこはヒット打つしかないんで。とにかく甘いボールが来たら、という気持ちでいました。

――あの瞬間の気持ちは?

久しぶりにドキドキしましたね。打席に入る前から、打った後も。いやぁ、うれしかったですね。

――みんなベンチから飛び出したがあれを見てどう思った?

いや、もう、そうですね、野球をやっていて、ああいう瞬間がすごく格別で、いい思い出になりました。

――自身にとっては初の日本シリーズだが、どんな思いで迎える?

いま終わったばかりなんで、ハッキリとしたものはちょっと分からないんですけど、このCSに勝って、日本シリーズに行くっていう目標を立てていたんで、まずは突破できてうれしく思います。もちろん日本一を目指して頑張りたいです。