日テレNEWS
スポーツ
2021年11月18日 11:31

イチロー氏 日本選手初“球団殿堂入り”

イチロー氏 日本選手初“球団殿堂入り”

米・メジャーリーグのシアトル・マリナーズは現地17日、会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)の球団殿堂入りを発表しました。

イチロー氏は、メジャー1年目の2001年にア・リーグのMVPと新人王を同時に受賞。2004年にはシーズン262安打を放ち、メジャーの年間最多安打記録を更新しました。さらに、史上初の10年連続200安打など、数々の記録を打ち立てました。

球団の通算記録では、2542安打、打率3割2分1厘、7907打数、79三塁打、438盗塁などでトップになっています。

マリナーズの殿堂入りは、ランディ・ジョンソン氏や、ケン・グリフィーJr氏らに続き、10人目。日本選手がメジャー球団の殿堂に入るのは初の快挙となります。来年8月27日に、本拠地シアトルでの試合前に式典を行う予定です。

スタントン球団会長は「日本からメジャーリーグに移籍した初の野手として、卓越したプレーや、技術に対する姿勢でファンの心をつかんだ。マリナーズのファンは、イチローが10年以上魔法をかけるのを見られて幸運だった」と、コメントしました。

写真:日刊スポーツ/アフロ