×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “山田くん”近江の山田陽翔がハンカチ王子とマーくんを超え歴代4位に 甲子園での奪三振数108

“山田くん”近江の山田陽翔がハンカチ王子とマーくんを超え歴代4位に 甲子園での奪三振数108

2022年8月18日 16:33
“山田くん”近江の山田陽翔がハンカチ王子とマーくんを超え歴代4位に 甲子園での奪三振数108
近江高校の山田陽翔投手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
◇第104回全国高校野球選手権大会 近江(滋賀)7ー6高松商(香川)(18日、甲子園球場)

近江のエース山田陽翔投手が甲子園通算108奪三振をマークしました。

この試合前までに98の奪三振数を記録していた山田陽翔投手。この日は5回まで毎回奪三振の8個を記録。この時点でハンカチ王子こと、斎藤佑樹氏の104個とマーくんこと田中将大投手の102個を抜きます。その後、8回途中に交代するまでにさらに2つを奪い、108と歴代4位にまで順位を上げました。

甲子園の奪三振記録はPL学園の桑田真澄選手(現巨人投手コーチ)が持つ、150が最多となっています。

▽甲子園の奪三振記録
150 桑田真澄(PL学園)
130 島袋洋奨(興南)
113 石井毅(箕島)
108 山田陽翔(近江)★
104 斎藤佑樹(早稲田実)
102 田中将大(駒大苫小牧)
100 奥川恭伸(星稜)
97 荒木大輔(早稲田実)
97 松坂大輔(横浜)
93 牛島和彦(浪商)
92 江川卓(作新学院)