日テレNEWS
スポーツ
2022年3月27日 17:04

ケガ人続出のヴィッセル神戸にまた悲劇 サンペールが右膝前十字じん帯損傷で全治8か月

ケガ人続出のヴィッセル神戸にまた悲劇 サンペールが右膝前十字じん帯損傷で全治8か月
右膝前十字じん帯損傷の診断を受けた神戸・サンペール選手 (写真:森田直樹/アフロスポーツ)

サッカーJ1のヴィッセル神戸は27日、MFのセルジ・サンペール選手が右膝前十字じん帯損傷と診断されたことを発表しました。

サンペール選手は、今月15日のAFCチャンピオンズリーグで負傷。神戸市内の病院で検査を行い、右膝前十字じん帯損傷の診断を受けたとのことです。

サンペール選手は25日にスペイン・バルセロナ市内の病院で手術を行い、無事に成功。全治は8か月の見込みで、今季の復帰は厳しい見通しとなっています。

今シーズン神戸は相次いでケガ人が出ており、サンペール選手のほか、FWの武藤嘉紀選手や大迫勇也選手など多くの選手の負傷が発表されています。

またリーグ戦では7試合未勝利。20日には三浦淳寛監督が解任され、育成年代を指導しているリュイス・プラナグマ氏が暫定監督に就任しています。