×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人“2、3塁のピンチ”も「大勢のラスボス感たまらん」 無失点で単独トップ24セーブ目

巨人“2、3塁のピンチ”も「大勢のラスボス感たまらん」 無失点で単独トップ24セーブ目

2022年7月5日 21:29
巨人“2、3塁のピンチ”も「大勢のラスボス感たまらん」 無失点で単独トップ24セーブ目
9回、無失点で抑えセ・リーグ単独トップ24セーブ目を挙げた巨人・大勢投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人4―1ヤクルト(5日、東京ドーム)

3点リードをした巨人は9回、守護神のルーキー・大勢投手をマウンドへ。2アウト2、3塁のピンチを招くも、無失点に抑え、リーグ単独トップの24セーブ目を挙げました。

大勢投手はヤクルトの先頭バッター・青木宣親選手に対して、151キロのストレートでライトフライに打ち取ります。

しかし続く中村悠平選手に初球、内角甘めに入ったストレートを打たれ、レフト前ヒットを許すと、さらに、オスナ選手にもヒットを打たれ、1アウト1、2塁のピンチ。

その後、長岡秀樹選手を外角高めのストレートでピッチャーゴロにするも、ランナーが進塁。2アウト2、3塁とピンチが続きます。

ここでヤクルトは代打・濱田太貴選手。一発が出れば同点のピンチでしたが、2球目のスライダーでサードゴロ。無失点で切り抜け、巨人が4-1でヤクルトとの3連戦カード初戦を制しました。

これで大勢投手はセ・リーグ単独トップとなる24セーブ目。

SNSでは「大勢のラスボス感たまらん」「うさほー!!大勢の安定感凄すぎますね。巨人に来てくれて感謝しかないです」とコメントしています。