×

【阪神】“鳥谷塾”開講で内野陣の守備を直接指導 木浪「スタートを強く」とアドバイス受ける

2024年2月7日 7:40
【阪神】“鳥谷塾”開講で内野陣の守備を直接指導 木浪「スタートを強く」とアドバイス受ける
鳥谷敬さんが木浪聖也選手を指導
阪神春季キャンプ(6日、沖縄・宜野座)

阪神の春季キャンプで臨時コーチを務める球団OBの鳥谷敬さんが、選手たちに守備指導を行いました。

この日は木浪聖也選手と中野拓夢選手、佐藤輝明選手らの内野陣の動きを後方で確認し、捕球動作について身振り手振りで指導。練習後に「守備を中心に見させてもらったが、みんな動きがいい。いろいろな課題やポイントを話しながらできたので、いい一日になりました」と振り返ります。

2年連続で臨時コーチとして指導を行った鳥谷さん。成長を感じる選手として木浪選手と中野選手の名前を挙げ、「非常に自信をもってやっている中で、もっともっとうまくなりたいという気持ちがある。野球をやめるまでその気持ちは大切なので、そこは素晴らしいなと思いました」と二遊間コンビを評価しました。

名前の挙がった木浪選手は、練習を終えて「昨年も鳥谷さんに来ていただいて、本当に自分のためになった。今年は違うことを教えていただいて、キャンプでしっかり体にしみこませたいなと思います」とコメント。

昨年と違う点については「去年は『脱力』ということをおっしゃっていて、それをすごく意識してから変わった。今年は鳥谷さんから見て昨年の自分がどうだったかを質問したら『スタートがもう少し強く切れたらいい』ということで、スタートを強く切ることを意識してやっていました」と語り、鳥谷さんからの指導内容について明かしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【阪神】“鳥谷塾”開講で内野陣の守備を直接指導 木浪「スタートを強く」とアドバイス受ける