×

クライマックスシリーズ2本塁打の吉田正尚がMVPを獲得 日本シリーズへ向け「去年の悔しさを取り返せるチャンスが来た」

2022年10月16日 15:49
クライマックスシリーズ2本塁打の吉田正尚がMVPを獲得 日本シリーズへ向け「去年の悔しさを取り返せるチャンスが来た」
オリックス・吉田正尚選手
クライマックスシリーズFinalステージ第4戦をサヨナラ勝ちで日本シリーズ進出を決めたオリックス。

15日の試合後、中嶋聡監督、山本由伸投手、吉田正尚選手、杉本裕太郎選手、中川圭太選手が共同会見に臨みました。

吉田選手はクライマックスシリーズFinalステージの4試合で、ホームラン2本を含む6安打3打点、打率.462の成績を残し、クライマックスシリーズMVPを獲得しました。

▽以下、吉田選手会見

――日本シリーズ進出が決まりました今のお気持ちからお聞かせください。

「ホッとしています」

――仙台でも祝勝会で祝勝のクラッカーを鳴らしました。京セラドームでも勝利のクラッカーの掛け声はいかがでしたか?

「たくさんのファンの皆さんの前でまた喜びを分かちあえたので非常にいい思い出になりました」

――短期決戦は独特の雰囲気があるかと思いますが、そのあたりこのクライマックスシリーズを通してチームの状態というのは選手会長から見てどうでしたか?

「調子は人それぞれだと思いますが、チームのみんなが勝利に貢献する、ベストを尽くしていると思っています」

――吉田選手もシーズン後半からは好調が続いています。クライマックスでもホームランが2本出ました。ご自身の状態というのはどのように捉えていますか?

「状態はそんなに分からないですけど、体のコンディションもそうですけどしっかりいい状態をキープしながら日々過ごしています」

――このクライマックスの最優秀選手、MVPを獲得しました。そこはどうでしょうか?

「去年、先輩(杉本裕太郎選手)が取っていて今年もシリーズ男取られるなと思っていたんですけど、最後まくれて良かったです」

――先輩(杉本選手)が隣で「え?俺じゃないの?」というリアクションがあったのですが?

「本当に(杉本選手が)2試合で勝利打点を取っていたので、最後(自分が)打てて良かったです」

――改めて日本シリーズ、対戦相手が去年に続いてヤクルトになりました。吉田選手の方から意気込みをお願いします。

「また日本シリーズの舞台に立たせていただけるので、去年神戸で負けた悔しさというのは感じていますし、やり返せるチャンスは来ましたので、また結果でしっかり返せるように選手全員頑張っていきたいと思います」

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • クライマックスシリーズ2本塁打の吉田正尚がMVPを獲得 日本シリーズへ向け「去年の悔しさを取り返せるチャンスが来た」