×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【珍事】中日・宇佐見真吾が阪神・ビーズリーのレガースつけ直す 岡田監督も苦笑い

【珍事】中日・宇佐見真吾が阪神・ビーズリーのレガースつけ直す 岡田監督も苦笑い

2023年9月26日 6:10
【珍事】中日・宇佐見真吾が阪神・ビーズリーのレガースつけ直す 岡田監督も苦笑い
中日・宇佐見真吾選手(左)、阪神・ビーズリー投手(右)
プロ野球セ・リーグ 中日2-1阪神(25日、バンテリンドーム)

7回表、阪神・ビーズリー投手の打席で、思いやりにあふれるシーンが見られました。

ノーアウト1塁でビーズリー投手が送りバントを試みますが、打球は1塁線を切れてファウルに。1塁へ走る時にレガースのひもが緩んでしまったのか、ビーズリー投手は立ち止まって直そうとします。

すると隣にスッとしゃがみ込んだのは、ファーストの守備についていた中日の宇佐見真吾選手。ビーズリー投手のレガースを一度完全に外し、丁寧につけ直します。これには、ビーズリー投手本人も阪神の岡田彰布監督も苦笑い。敵味方関係ない宇佐見選手の思いやりに、球場のファンからは大きな拍手が送られました。

その後ビーズリー投手はスリーバント失敗。試合は先発の梅津晃大投手が8回1失点と好投し、2-1で中日が勝利しています。