×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【高校野球】おかやま山陽が3回戦進出 延長10回に大垣日大のミスから2塁ランナーが生還

【高校野球】おかやま山陽が3回戦進出 延長10回に大垣日大のミスから2塁ランナーが生還

2023年8月13日 21:01
【高校野球】おかやま山陽が3回戦進出 延長10回に大垣日大のミスから2塁ランナーが生還
先制タイムリーを打ったおかやま山陽・入江航平選手(写真:時事)
◇第105回 全国高校野球選手権記念大会 8日目 2回戦 おかやま山陽4x-3大垣日大(13日、甲子園球場)

第3試合が雨で1時間34分の中断もあり、予定より約3時間遅い、午後6時34分に始まった第4試合。

試合が動いたのは初回、おかやま山陽(岡山)が四球とヒットで2アウト2、3塁のチャンスを作ると、入江航平選手(3年)がレフトにタイムリーを打ち、2点を先制します。

すると直後の2回に、大垣日大(岐阜)が反撃。2本のヒットで1アウト1、3塁のチャンスを作り、岩本千空選手(3年)がスクイズを成功させ、1点差に詰め寄ります。

5回と6回には両校ともチャンスは作りますが、投手が粘りのピッチングで得点を与えません。

すると8回。1点を追いかける大垣日大は、4番・高橋慎選手(3年)が見逃せばボールになるカーブをすくい上げると、ライトポール際へソロホームランを放ち、同点に追いつきます。

試合は2-2のまま延長に突入。ノーアウト1、2塁から始まるタイブレークとなります

10回、大垣日大は先頭がバント失敗で1アウトとなりますが、続く高川莉玖選手(2年)の打席でダブルスチール。おかやま山陽のキャッチャー・土井研照選手(3年)の3塁への送球が悪送球となり、大垣日大が勝ち越しに成功します。

その裏、おかやま山陽も送りバント失敗で1アウト1、2塁。田内真翔選手(2年)はファーストフライで2アウトになりますが、湯浅健太郎選手(3年)は四球で出塁し、2アウト満塁とします。

ここで打席にはこの試合3安打のキャプテン・渡辺颯人選手(3年)。1ボールからの2球目がワイルドピッチとなり、3塁ランナーがホームイン。

さらにキャッチャー・高橋選手の悪送球で、2塁ランナーもホームに戻り、おかやま山陽がサヨナラ勝ちで3回戦進出です。

3回戦の相手は明日14日の第1試合、鳥栖工(佐賀)対日大三(西東京)の勝者です。