×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 中日の中田翔が入団会見「中日の『6番』は中田と言ってもらえるように」 背番号は日本ハム時代と同じ『6』

中日の中田翔が入団会見「中日の『6番』は中田と言ってもらえるように」 背番号は日本ハム時代と同じ『6』

2023年12月6日 12:53
中日の中田翔が入団会見「中日の『6番』は中田と言ってもらえるように」 背番号は日本ハム時代と同じ『6』
中日の中田翔選手
巨人を自由契約となり中日への入団が決まった中田翔選手が6日、会見を行いました。

会見の冒頭で、現在の率直な気持ちを問われると「また戦える環境、チャンスをいただいて、ありがたいと思っていますし、今は本当にフレッシュな気持ち。イチから頑張りたいなという気持ちでいっぱいです」と笑顔で話しました。

また、中日入団の決め手については「中日からの気持ちも、(立浪和義)監督からの気持ちもすべて含めて、うれしさもあり、自分の中で火がつくようなものがありました。そういうのを含めて、このチームでやりたいといろいろ考えた中で素直に思えたので、ありがたい言葉、気持ちにひかれて、やりたいなと思いました」と語りました。

背番号は日本ハム時代にもつけていた『6』。「いままで、中日の中でも素晴らしい先輩方がつけてきた番号。それに恥じないよう、自分もしっかりと意識してやっていきたい。最終的には中日の6番は中田だよねっていってもらえるように一生懸命頑張りたい」と語った中田選手。

今シーズン、中日の背番号『6』は欠番でしたが、直前までは自身の大阪桐蔭高校時代の先輩でもある平田良介氏がつけていた番号。さらに過去には、落合博満氏や井端弘和氏などが背負ってきた偉大なる『6番』への思いも明かしました。