日テレNEWS
経済
2014年9月4日 21:32

東電、1.3兆円の新規資金調達を目指す

東電、1.3兆円の新規資金調達を目指す
(c)NNN

 東京電力は4日、コスト削減を検討する生産性倍増委員会の初会合を開き、その中で数土会長は、来年から2年間で1.3兆円の新規資金調達を目指す考えを示した。

 会合は、数土会長をトップに、広瀬社長ら経営陣、外部の有識者も参加して行われた。会合では、コスト削減や生産性向上のため徹底的な検証を行い、年内には最終報告をまとめる方針を確認した。

 また、数土会長は、コスト削減を徹底した上で、来年からの2年間で、金融機関からの借り換えや社債発行で、1.3兆円の新規資金調達を目指す考えを示した。

 東京電力は、昨年度から10年間で総額約4兆8000億円のコスト削減を目指しており、経営の合理化を図り、目標を達成したい考え。