日テレNEWS
国際
2016年4月9日 1:20

“パナマ文書”ついに国家元首を捜査へ

“パナマ文書”ついに国家元首を捜査へ
(c)NNN

 いわゆる「パナマ文書」が流出し、各国の政治家らによる課税逃れが指摘されている問題で7日、南米・アルゼンチンの検察当局は、去年12月に就任したばかりのマクリ大統領への捜査許可を裁判所に求めた。マクリ大統領は、父親がタックスヘイブンのバハマなどに設立した2つの会社の重役であることが明らかになっている。

 パナマ文書の問題で捜査の手が国家首脳本人に及ぶのは初めて。