日テレNEWS
政治
2015年9月18日 11:03

野党側、内閣不信任案など提出へ 安保法案

野党側、内閣不信任案など提出へ 安保法案
(c)NNN

 安全保障関連法案をめぐる与野党の攻防は18日、最終局面を迎えている。国会では18日午前10時から参議院の本会議が開かれ、山崎参議院議長に対する不信任決議案について審議が行われている。

 民主党は、山崎議長が17日夜、安保関連法案を採決するための本会議を開会したことを不服として不信任決議案を提出した。決議案はこの後、賛成・反対双方の討論が行われ、採決となるが、与党などの反対多数で否決される運び。

 こうした中、民主党など野党5党の党首らが会談し、今後、参議院に安倍首相に対する問責決議案、衆議院には安倍内閣に対する不信任決議案を提出する方針で一致した。

 民主党・岡田代表「事態は重大な局面に来ている。法案の成立を阻止するために、あらゆる努力を重ねる」

 これに対し、与党側は何としても18日中に法案を成立させる考えで、18日夕方から夜にまでもつれ込みそうだ。