日テレNEWS
政治
2017年3月6日 14:03

“首相夫人が名誉校長”取引に影響かと追及

“首相夫人が名誉校長”取引に影響かと追及
(c)NNN

 大阪の学校法人「森友学園」の国有地取得問題をめぐる問題。民進党の福山議員は6日、参院予算委で安倍首相の昭恵夫人が建設中の小学校の名誉校長を務めていたことが取引に影響した可能性があると追及した。

 首相夫人が名誉校長を務めていたため国有地の値引きなどで行政側が配慮したのではないかと指摘した福山議員に対し、安倍首相は「印象操作だ」と反論した。

 民進党・福山議員「昭恵夫人に恥かかしたのか。安倍首相に恥をかかしたのか、近畿財務局だって財務省だって、忖度(そんたく)するでしょう」「そういう状況つくったことが問題だと私は思う。だから、こういう不透明な手続きが積み重なるんですよ」

 安倍首相「名誉校長に安倍昭恵という名前があれば、印籠みたいに恐れ入りましたってなるはずがないんですよ」「忖度した事実がないのに、まるで事実があるかとの、ことを言うっていうのは、これを典型的な印象操作なんですよ」

 一方、財務省は、この土地に建設されている小学校の認可が下りなかった場合の対応を問われたのに対し、国が土地を売却価格で買い戻す事ができる契約になっていると説明した。その上で大阪府の私学審議会の議論を踏まえて対応していく考えを示した。