日テレNEWS
政治
2021年7月11日 17:11

「ワクチンパスポート」26日から受け付け

新型コロナワクチンの接種歴を証明する「ワクチンパスポート」について、加藤官房長官は、今月26日から市区町村の窓口で申請の受け付けを始めると明らかにしました。

加藤官房長官はNHKの番組で、「ワクチンパスポート」について、今月26日から全国の市区町村の窓口で申請の受け付けを始めることを明らかにしました。

「ワクチンパスポート」には氏名や生年月日、旅券番号に加えて、接種したワクチンの種類や接種日などが記載されます。当面は、海外に渡航する人が防疫措置の緩和を受ける際に利用されます。

経済界からは、ワクチンパスポートにより国内での優遇措置を検討する動きもありますが、加藤長官は「ワクチンを接種した人と、していない人とで、不当な差別や強制につながってはいけない」「取り扱いは別途検討する」と述べました。