×

高市科技相 JAXA“データ改ざん”報告「非常に遅い」

2022年11月29日 12:09

高市科学技術担当相は、JAXA(=宇宙航空研究開発機構)が行った研究でデータの改ざんなどが発覚したことについて、JAXAによる文部科学省への報告が「非常に遅い」と述べ、改善を求めました。

JAXAは先週、2016年に開始した宇宙飛行士のストレス評価を目的とした研究で、データの多くが書き換えられるなど、不適切な行為が認められたことを公表しました。

文部科学省によりますと、JAXAは、2017年には問題に気がついていたものの、2021年まで文部科学省に報告していなかったということです。

高市科学技術担当相「JAXAの対応は非常に遅いと思います。税金を投入してやっているような研究であれば、所管省庁にも報告を行い、そのあと本格的な調査を行うということが望ましいのではなかったか」

高市科学技術担当相は、「問題が発覚したらできるだけ速やかに公表すべき」と述べ、JAXAに対し、再発防止と対応の改善を求めました。