×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 池江璃花子 本命種目100mバタフライで予選8位 ギリギリで決勝進出 競泳・選考会最終日

池江璃花子 本命種目100mバタフライで予選8位 ギリギリで決勝進出 競泳・選考会最終日

2022年3月5日 13:39
池江璃花子 本命種目100mバタフライで予選8位 ギリギリで決勝進出 競泳・選考会最終日
100mバタフライの本命種目で日本代表入りを目指す池江璃花子選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
競泳・国際大会日本代表選手選考会4日目(5日、東京辰巳国際水泳場)

世界選手権などの選考会となっている今大会で、この日池江璃花子選手は50m自由形を棄権し、本命種目である100mバタフライに絞りました。

池江選手は今大会ではすでに50mバタフライと100m自由形に出場し、あと少しのところで派遣標準記録を切れずに、代表入りを逃していました。

この日、100mバタフライの予選ではスタート台に着く前から少し思い詰めたような表情を見せていましたが、泳ぎの方でも精彩を欠き、いつもの後半の追い上げは見ることができませんでした。

予選の結果は59秒59。派遣標準記録の57秒79には2秒近く遅いタイム。ギリギリの8位で決勝にコマを進めました。

去年4月の日本選手権では57秒77をマークしている池江選手。本命種目で代表入りのチャンスをつかむべく、決勝に臨みます。