×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「正直驚きが大きい」佐藤龍世1年半ぶりの古巣・西武復帰「変わったぞという姿を見せたい」

「正直驚きが大きい」佐藤龍世1年半ぶりの古巣・西武復帰「変わったぞという姿を見せたい」

2022年11月3日 15:24
「正直驚きが大きい」佐藤龍世1年半ぶりの古巣・西武復帰「変わったぞという姿を見せたい」
西武に移籍した佐藤龍世選手(写真:球団提供)
プロ野球・日本ハムから西武に移籍が決まった佐藤龍世選手が3日、移籍会見を行いました。

2018年のドラフト7位で西武に入団した佐藤選手は、21年シーズン途中の8月に日本ハムに移籍していました。1年半での西武復帰に佐藤選手は「正直驚きが大きいんですけど、それと同時にまた西武ライオンズでプレーできる喜びと西武ライオンズの仲間たちと先輩・後輩と一緒に野球できるうれしさ、楽しみがすごくあります」と、率直な心境を語りました。

日本ハムで強化したことを聞かれると、「コミュニケーション能力です。一から知らない人とたくさん話したので」とコメント。

プレー面では「1年半前とは“走攻守”全てレベルアップしたところを見せたい。ファイターズではサード、セカンドを主に守っていたんですけど、特にセカンドの守備力は上がったと思います」と話しました。

来季に向けては「バッティングは今年ダメ(打率.115、1本塁打)だったんですけど、気持ちでは1年半前より良くなっていると思っているので、来年頑張りたい。(秋季キャンプでは)主にバットをたくさん振りたいと思います」と打撃向上を誓います。

2年前には2軍監督として指導を受け、新監督に就任した松井稼頭央監督からは「1年半前といい意味で変わった龍世を見られるのを楽しみにしている」と声をかけられたという佐藤選手。

「いい意味で変わったぞという姿を見せたい。まさか戻って来られるとは思ってもなかったので、戻ってきたからにはしっかり球団に貢献して、野球で結果残して、戻ってきてよかったなといってもらえるように頑張りたい」と、力強く決意を語りました。