日テレNEWS
スポーツ
2022年3月16日 17:07

W杯豪州戦へ 旗手、三笘らを再招集 森保監督「複数のポジションでの起用も考えて」

W杯豪州戦へ 旗手、三笘らを再招集 森保監督「複数のポジションでの起用も考えて」
セルティックの旗手怜央選手(右)、サンジロワーズの三笘薫選手(左)【写真:ロイター/アフロ、写真:アフロ】

JFA(日本サッカー協会)は16日、W杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表しました。

▽以下招集メンバー

◆GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)
谷晃生(湘南ベルマーレ)

◆DF
長友佑都(FC東京)
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
植田直通(ニーム/フランス)
板倉滉(シャルケ/ドイツ)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)

◆MF/FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎岳(レガネス/スペイン)
遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(リバプール/イングランド)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
三笘薫(サンジロワーズ/ベルギー)
前田大然(セルティック/スコットランド)
旗手怜央(セルティック/スコットランド)
上田綺世(鹿島アントラーズ)
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

◇ ◇ ◇

前回は招集メンバーから外れた旗手怜央選手、三笘薫選手らが選出。旗手選手は前回招集時、川崎フロンターレからスコットランド・セルティックに移籍したばかりという背景もあり、招集を見送られていました。

森保一監督は旗手選手について「今はサッカーの部分も日常生活の部分も、非常にスコットランドでの生活に慣れている。プレーの部分もチームとしてフィットしてきている中、パフォーマンスをみて招集した」と語りました。

また「セルティックではインサイドハーフで多くの時間プレーしている。ただ、我々の代表活動の中においては、複数のポジションでの起用も考えて招集をさせてもらってます」。サイドバックなど複数ポジションをこなす旗手選手の起用法にも注目されます。

三笘選手は前回招集時、足首の負傷から招集が見送られていました。森保監督は「まずは集合したときに元気に、自分の持てる力を最大限発揮できるという、彼のいいところを練習の中でも見せてもらいたい」と期待をのぞかせました。

また、所属するベルギーのサンジロワーズではウイングバックでの起用も増えていることに触れ、「成長している守備の部分であったり、インテンシティ高く戦えるところもみせてもらいながら、武器である得点に絡める攻撃力を発揮してほしい」と、攻守での躍動を求めました。

サッカー日本代表は24日に敵地でオーストラリア、29日にホームでベトナムと対戦します。