×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【W杯】GK権田が帰国「Jリーガーでも世界の舞台でプレーできる、ドイツやスペインという強豪国に勝てる」

【W杯】GK権田が帰国「Jリーガーでも世界の舞台でプレーできる、ドイツやスペインという強豪国に勝てる」

2022年12月7日 22:01
【W杯】GK権田が帰国「Jリーガーでも世界の舞台でプレーできる、ドイツやスペインという強豪国に勝てる」
帰国後に囲み取材に応じる権田修一選手
◇サッカーFIFAワールドカップカタール2022(11月20日~12月18日)

グループリーグで優勝候補のドイツ・スペインを破る大金星をあげ、2大会連続のベスト16入りを果たした日本代表がカタールから帰国。

全試合にスタメン出場し、初戦のドイツ戦では試合で最も活躍した選手に贈られる「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた、ゴールキーパーの権田修一選手が取材に応じました。

今大会を振り返り「やっぱり悔しさはカタールで感じましたし、消えるものではない。僕らが目指してたところに対しては物足りなさを感じる」と悔しさを滲ませた権田選手。

それでも「僕自身Jリーグでやってた期間が長くて、Jリーガーでも世界の舞台でプレーすることができるんだ、ドイツやスペインという世界の強豪国に勝てるんだということを見せれた。やってきたことは間違ってなかったと自信になった」と手応えを語るとともに、「最高のチームでした!ここに長友さんがいたらブラボーでしたって間違いなく言うだろうな」と笑顔で話しました。

決勝トーナメント1回戦では、初のベスト8をかけ前回大会準優勝のクロアチアから先制点を奪うもPK戦で惜敗。

悲願のベスト8へ必要なことを聞かれると、「ベスト8を目指さないことですね。クロアチアはここがゴールじゃなかった。僕らはベスト8以上に行った経験がなかったので、クロアチア戦に全てを懸けてということで、終盤もリスクを懸けず失点しないところを注意してやってしまった。そこの差はあったのかな」と話すも、「ただ不可能じゃないというのは改めて一度感じた。ベスト8は近い将来突破できる自信を今回は持てた」と収穫を口にしました。