×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「策士ポランコ」 満塁のピンチでファウルフライを見送る好判断 無失点で切り抜ける

「策士ポランコ」 満塁のピンチでファウルフライを見送る好判断 無失点で切り抜ける

2022年7月9日 15:59
「策士ポランコ」 満塁のピンチでファウルフライを見送る好判断 無失点で切り抜ける
守備で好判断をみせた巨人・ポランコ選手
プロ野球セ・リーグ 巨人-DeNA(9日、東京ドーム)

ノーアウト満塁のピンチの場面で、巨人のライト・ポランコ選手が好判断を見せました。

両チーム無得点で迎えた3回、巨人先発・アンドリース投手はDeNAの桑原将志選手、蝦名達夫選手に連打を浴び、さらに佐野恵太選手にはデッドボールを与え、ノーアウト満塁のピンチを迎えます。

打席には4番・牧秀悟選手。その初球、大きく上がった打球はライトのファウルゾーンへ。ポランコ選手はキャッチできそうだったこの当たりを捕球せず、結果ファウルとなりました。

この場面、ファウルフライを捕球していれば犠牲フライとなるため、捕球しないという判断を見せた模様。

その後、牧選手はダブルプレー、続く宮崎敏郎選手はショートゴロに抑え、この回無得点。アンドリース投手はポランコ選手の好判断に救われた形になりました。

SNSでは「ポランコ策士すぎて草」「ポランコの判断勝ち」と称賛の声が上がっています。