日テレNEWS
スポーツ
2022年5月26日 19:15

中日・松葉貴大 1・3塁のピンチを切り抜ける 山川穂高と呉念庭には“ビシビシコントロール”の度胸で攻める

中日・松葉貴大 1・3塁のピンチを切り抜ける 山川穂高と呉念庭には“ビシビシコントロール”の度胸で攻める
4回のピンチを切り抜けた松葉貴大投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 中日-西武(26日、バンテリンドーム)


中日の先発、松葉貴大投手は、4回、外崎修汰選手にショートへの内野安打で出塁されると、オグレディ選手にもライトへヒットを放たれます。

これで1アウト1、3塁のピンチに、打席にはパ・リーグ本塁打数首位の山川穂高選手。

しかし、ここは2ストライクを取ってから、アウトコースにずばりと決めて、見逃し三振に切って取ります。

それでも迎えるは“得点圏の鬼”といわれる呉念庭選手。こちらはアウトコースへのボールを集め、センターフライに打ち取り、松葉投手はピンチを切り抜けました。

SNSでは「松葉対山川はこれだけで今日見た価値あるくらいの対決だった」という声や、「松葉さんに勝ちをつけて欲しいね」といった声が上げられています。