日テレNEWS
スポーツ
2021年6月27日 21:42

競泳萩野「体動かない」五輪想定で朝レース

競泳萩野「体動かない」五輪想定で朝レース

27日、競泳・東京五輪日本代表の萩野公介選手、大橋悠依選手らが長野市内でタイムトライアルを行いました。

東京五輪の競技スケジュールは、夜に予選、翌日午前に準決勝、翌々日午前に決勝となっており、本番を想定して朝10時過ぎからレースに挑みました。

200メートル個人メドレーを泳いだ萩野選手は2分0秒70。「体が動かない感じだった。今日が100%の実力じゃないと思っていますが、タイムが遅い。状態は50~60%ぐらい。残り1か月で、大胆にやっていっていい準備をしたい。今日の経験で具体的にイメージができるのでよかったと思う」と本番想定のレースを振り返りました。

写真:YUTAKA/アフロスポーツ  ※写真は2021 競泳 日本選手権 男子 200m 自由形 予選のときのもの