日テレNEWS
スポーツ
2021年9月9日 0:24

DeNA大貫6回1失点の力投で自身5連勝

DeNA大貫6回1失点の力投で自身5連勝
(c)NNN

8日、プロ野球・DeNA対巨人が横浜スタジアムで行われ、DeNA先発・大貫晋一投手が今シーズン6勝目を挙げ、自身5連勝となりました。

大貫投手は初回、先頭の松原聖弥選手にヒットを打たれるも後続を抑え無失点で切り抜けます。するとその裏DeNAは宮崎敏郎選手と牧秀悟選手の連続タイムリーで2点を先制します。

援護をもらった大貫投手は3回、4回とランナーを背負いながらも粘りのピッチングで得点を許さず、5回は三者凡退で抑えます。

しかし6回、先ほどヒットを打たれている松原選手にセンターへのスリーベースヒットを許すと、吉川尚輝選手にレフト前へヒットを打たれ1点を失います。

それでも続く4番・岡本和真選手をセカンドフライ。さらに丸佳浩選手を空振り三振に抑え、6回98球7奪三振1失点の力投でマウンドを降ります。

その後、DeNAは7回エスコバー投手、8回山崎康晃投手、9回には守護神の三嶋一輝投手が無失点リレーでつなぎ、試合はDeNAが4対1で巨人に勝利。このカード勝ち越しを決めました。

大貫投手は6勝目を挙げ、これで自身5連勝となりました。

意識していることについては「テンポよくストレートだったりストライクゾーンで勝負することを常に意識しています」と話しました。