日テレNEWS
スポーツ
2021年12月14日 16:21

巨人立岡「年間1軍」300万増でサイン

巨人立岡「年間1軍」300万増でサイン
(c)NNN

巨人の立岡宗一郎選手(31)が14日、契約更改交渉に臨みました。

その後の会見で、「300万円上げていただきました」と話し、300万円アップの推定2000万円でサイン。球団から、「もう1度レギュラーをとれるように頑張れ」といわれたことを明かしました。

今シーズンは47試合に出場し、打率は.205、本塁打0、安打9、とレギュラーには定着できず。

それでも6月には、俊足を生かしてショートへのタイムリー内野安打を打っていました。

この走塁について、「自分でもびっくりするけど、足が年々速くなっているので。そこは自分に期待して、来年、恥ずかしくない成績を出したい」と意気込みました。

また、7月には一般女性との七夕婚を発表。

「奥さんを置いてキャンプにいくのは寂しいですが、しっかり家族を奥さんを喜ばせられるよう、来季1年いい思いをさせられるよう、頑張りたい」

プロ14年目のシーズンに向けては「年間通して1軍にいて盗塁2ケタ以上走っていきたい」と今季ゼロに終わった盗塁を目標に掲げました。